中国・香港・台湾・マカオ

【投資とカジノ攻略】賭け金の基本編

こんにちは、セントです。

今日は、投資にも通じるカジノの「ベッティング・システム」について解説していこうと思います。

簡単にいうと、カジノをプレーしていて、毎回いくらお金をかけますか?という話です。

投資にも通じる話なので、面白いですよ。

カジノにおける基本的な戦略の考え方

世界中のカジノで昔から、攻略法や最適戦略と呼べれるものはいくつもあります。

攻略法の中には、カジノ側のミスを狙ったり、ルーレットなどの台の歪みからくる出目の偏り、イカサマ、カウンティング*などなど。

*カウンティングとは、ブラックジャックにおいて残りのデッキの状態が、自分にとって有利か不利かを見極めるための技術です。やり方を簡単に言うと、場に出て使い終わったカードを覚えて、残りのカードを知り、掛け金を調節する技術。

しかし、ここ最近ではかなりの対策がされていて、イカサマや、台の歪み、カウンティングなどがほぼ不可能になっています。

現在の攻略法と考えられるものは、掛け金の調節がメインになってきています。

  • 掛け金を上げ下げするタイミング
  • より安全で損をしにくい賭け方
  • 自分の中で決めたルールで動く
  • 止め時を決めておく

投資の世界でも自分のトレードをシステム化して、取引することを、「システムトレード」と言います。カジノと株式投資には、似た点がたくさんありますね

このようにカジノでもあらかじめ、決められたルール通りにベット金額を変えていくことを「ベッティング・システム」と呼ばれています。

ギャンブラーや、数学者によって考えられたシステムを、繰り返し検証し、進化させ、改良された結果が前代にも伝わっています。

ギャンブラーたちは、いくつかの「ベッティングシステム」を使って、カジノに勝とうと努力をしているわけですね!

それでは実際に、ベットシステムの解説に入りたいと思います。

基本的な賭け方

フラットベットシステム

これは、攻略法とは言えないかもしれませんが、その名の通り『常に一定の金額でベットする方法』です。

カジノ初心者がよくやる賭け方ですね。

必ず、カジノにはハウスエッジ(勝つ確率と、負ける確率が50%:50%ではなく、49%:51%のように店側が勝つようにできている仕組み。ルーレットでは、0や00がそれにあたる)があるので、基本的に負けやすい賭け方とも言えるでしょう。

あまり勝つための戦略的な賭け方とは言えませんが、勝ち負けにこだわらず、海外のカジノの雰囲気を味わいながらゆっくりと遊ぶのが目的なら、オススメの賭け方ですね。

メリットとデメリット

メリットは同じ金額をかけ続けるので、収支の管理が楽チンで大きな資金を失うのを避けることができます。

ギャンブルにおいても、投資においても資金管理がすごく重要ですね。

デメリットは、勝つ可能性が限りなく低いことです。

お金の動きとしては、理論上遊べば遊ぶほど少しずつ資金が減っていきます

ポジティブ・プログレス・ベッティングシステム(positive)

ポジティブは、「勝利したら、掛け金を上げる。負けたら、掛け金を下げる」と言う手法、全般を指す言葉です。

考え方は、勝っているときに掛け金を釣り上げ大きな勝利を目指す。負けの流れがきたら掛け金を減らしていく。

最初からポジティブだとツキがないときに、かなり苦しい展開になりますので、フラットベットなどで少し勝ちを重ねてから、ポジティブに移行することをお勧めします。

メリットとデメリット

ツキの流れが来たときには、大きな利益を上げることができ、ツキに見放されたときには負け額を小さく出来ることが、メリットです。

デメリットは、賭け金が大きくなりすぎることです。一度の負けで勝ち分を吐き出さないように、コントロールすることが大事ですね。

ポジティブによるシステムベットの種類

  • アンチ・マーチンゲール法
  • オスカーズ・グラインド法
  • パロリーシステム
  • ラブシェール(逆)

ネガティブ・プログレス・ベッティングシステム(negative)

ネガティブは先程のポジティブの逆です。

「負けたらベット額をアップし、勝ったらベット額をへらす」ということですね。

ネガティブの考え方は、今までの負け分を取り戻すために賭け金を増やすです!

負けが込み始めたところから賭け金が膨らみ、全ての軍資金を吐き出す可能性がありますので、危険な手法だと想う人もいると思います。

またどこのカジノでも賭け金の上限が決められている場合がほとんどで、その額に到達してしまうと負けを取り戻すのが困難になってしまいます。

マカオのブラックジャックでは、一般的にMIN 300はMAX 10000、MIN 500-15000、1000-30000、といった感じです。バカラは一般席でMIN300HKD(3900円)-MAX200万HKD( 約2800万円)と幅広くなってます。

ネガティブ・プログレス・ベッティングシステムと呼ばれるもので最も有名なのは「マーチンゲール法」でしょう。

いわゆる、倍プッシュってやつですね。

100負けたら、次は200。また負けたら400、800と倍々にしていくことです。

実際の話、カジノのルーレットで、26回黒が出たなんてこともあり、何億もの資金が必要になることもあるので、もしこのシステムを実践するなら十分な資金で、掛け金上限の高いゲームで行うべきですね。

メリットとデメリット

メリットは、理論上最終的には必ず勝つと言うことになり、連敗しても勝ちます。

デメリットとしては、やはり賭け金が莫大になってしまうことも出てくると言う点ですね。

持ち金がゼロになったら、もうかけられませんからね。

ネガティブによるシステムベットの種類

  • マーチンゲール法
  • グレート・マーチンゲール法
  • ラブシェール(正)
  • フィボナッチ
  • ダランベール

攻略法で大事な考え方、まとめ

システムベットの内容については、少しずつ更新していきますね。

ポジティブの賭け方、ネガティブの賭け方などありましたが、投資と似たようなところがありますね。

攻略法といっても、投資もカジノも必ず勝つものではありません。

ただ、知識を入れることで、知らない人よりもかなり有利に物事が進みますので、知っておいて得しかありません!

賭けるお金がなくなったら、退場なのでリスク管理に気をつけて、投資やカジノで稼いでいきましょう!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です