投資に必要な知識

【超重要】海外投資家が注目する【ROE】と危険な落とし穴を解説

こんにちは、セントです。

今回は、海外投資家から注目度が高いROEについて話していこうと思います。

今日は、ROEについての勉強です。

最終目標は、自力で会社四季報などを分析することで決算前に株を仕込んだり、株を買う前にどんな会社かわかるようになることです。

皆さんの投資生活を、どんどん有利にしていきましょうね。

ROEが高いほどいいなんて言われていますが、果たしてそうなんでしょうか?

ROEは超重要なので細かく深掘りしていきましょう。

それでは解説します。

この記事を読むメリット
  • ROEについてわかる
  • PER,PBRとの関係性がわかる
  • ROEと株価との関係性がわかる
  • ROEの注意点がわかる



ROEとは?

ROEの意味

ROEとは?

(Return On Equity)の略語で株主資本利益率のことです。

株主資本(株を買ったお金)に対してどれだけ効率的に利益を上げているかを表すもので、銘柄分析において最も重要な指標の1つです。

「アール・オー・イー」と読みます。

エクイティ(Equity)とは?

株主資本のこと。

投資家にとっては、返済期限が定められていない資金の供与で、その資金が利益の拡大に貢献しているかどうか監視が必要ですよね。



ROEの計算方法

計算方法は、純利益を株主資本(=自己資本)で割ってもとめます。

ROE = 純利益 ÷ 株主資本

たとえば、純利益が10億円、株主資本が100億円であった場合、このように計算します。

ROE=10億円(純利益)÷100億円(株主資本)×100%=10%

同じようにEPS(1株あたりの純利益)をBPS(1株あたりの純資産)で割って算出することも出来ます。

簡単にいうと、この会社の一年間の利益は、株主の資本に対してどのくらいの割合なのか?という数字です。

ROEは、収益性を測る数少ない指標の1つです。

ROEは高いほど、集めたお金を効率的に利用した企業経営がなされていると言われていて、株式投資において最も重要な指標の1つと言えます。

外国人投資家が特に注目する指標としても知られ、ROEを銘柄選定の指標に組み入れた新たな株価指数「JPX日経インデックス400」が出てくるなど、ROEは日本でも認知度が急速に高まっていす。


ROEの活用方法や目安は?

繰り返しですが、ROEは企業が株主資本を効率よく使って利益を上げているかどうか?の指標となります。

このようにROEは高ければ高いほどよいですが、一般的には10%以上であれば、その会社の自己資本に対する経営効率は高いと言えます。

ちなみに海外ではアメリカのアップルや、中国のテンセント社といった長期で爆発的な上昇を遂げた銘柄は例外なく、このROEがズバ抜けて高水準でした

高いROEは成長株の必要条件であることは間違いありません。

例として、株主資本を1億円で合わせてROEを比較しましたが、世界には大きい会社から、小さい会社まで株主資本も違うし、純利益も違います。

だから、会社の大小にかかわらず比較できる指標として、ROEが活用できるということですね。

ROEの比較とROEの数字を上げるには?

ROEを高めるためには、二つの方法があります。

一つはROEを上げるには同じ株主資本のまま、より大きな純利益を上げる方法

もう一つは、自社株買いを行って株主資本を減らす方法があります。

どちらの方法も株主にとっては、嬉しいことです。

なので、ROEが高いと配当なども高くなりやすい、株価が上昇しやすい状況になっていくわけです。

ここまで、ついてこれていますか?

投資の世界は最初の入り口の勉強は必要不可欠で、少し労力を使うかもしれませんが、身につければ一生モノです!

何回か読み返してみて、理解をしていきましょう。



ROEを活用する上での注意点は?

ROEは高ければ高いほど良いと書きましたが注意すべきケースもあります。

それは株主資本が非常に少ない企業が大量の借金(借り入れ)を行って総資産を大きくして事業を展開しているケースです。

もちろん、事業が上手く行っているうちはいいのですが、大量の借金を抱えていることは、事業が上手く行かなくなったときに資金繰りを圧迫します。

最近だと「いきなりステーキ」などがいい例ですね。

ビジネスがうまくいっているときには、凄い伸びを見せていましたが、ビジネスがうまくいかなくなると一気に借金返済に追われてしまっているような状態です。

高いROEの企業を選ぶ場合には自己資本比率もしっかりと確認し、同業他社とも比較してみましょう。

安全度合いで考えると、高いROEでも自己資本比率が同業他社よりも異常に低ければ、投資は見送った方が良いかもしれませんね。

ROEが全てではありません。

テクニカル分析と同様に、いわゆる道具の一つだと認識しておくといいでしょう。


まとめ

今回は、外国人投資家などが企業をリサーチする際に必ず確認する指標の1つであるROEについて、話をしてきました。

自分の大切なお金を投資するわけですから、有効に資金が使われているかどうかちゃんとチェックしましょうね。

超重要事項なので少し難しいかもしれませんが、理解できるように頑張りましょう^^

とはいえ、株価が上がるか下がるかはその時のタイミングになるので、必ず株価が上がる保証をするものではありません

投資は、自己責任でお願いします。

今日も、読んでいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です