人生を豊かにする

【スマホ時代】今押さえておくべき知識。5G回線実用化の歴史とは?

こんにちは、セントです。

今回は、5G技術の歴史について話していこうと思います。

何かと最近話題の5Gですが、5Gについて知らない人ってたくさんいますよね。ただなんとなく、5Gだと回線が速くなるんでしょ?とか、なんかすごいんでしょ?とか、ちゃんと説明できる人は少ないはずです。

でも、その考えの人はダメです!

携帯電話が世の中に出てきて、ネットで検索できるようになって、スマホが出てきて、、、やっぱりワクワクしましたよねww

だから、5Gってなんですか?っていう友達にドヤ顔できるように解説していきますねww

5G技術の到来で、どのように世界はかわっていくのかが、わからないと、全てにおいて乗り遅れてしまいます。

今までの、流れを理解していた人たちが、どれだけ稼いだかみんなわかっていると思います。

スマホが出てきて、世界が変わった時と比じゃないくらい世界は変わっていきます。

そんな第一歩として、5Gへの歴史について解説していきましょう。

「5G」とは

「5G」とは、「5th Generation」つまり、「第5世代移動通信システム」のことです。えっ!?「G」ってあのジェットコースターとかでかかる「グラヴィティー」の「G」じゃないの?なんて人もいるかもしれません。

スタートから、つまずきそうですが「世代」の「G」です。

1G、2G、3Gを通って、今の「4G」の移動システムを利用しています。「4G」とか、「LTE」という言葉を聞いたこともあると思います。

まずは、これまでどのように進化してきたのか見ていきましょう。

「5G」への歴史


「1G」第1世代

1979年に、当時の日本電信電話公社が「自動車電話」を世の中に発表しました。そして、1980年代に持ち運びができる「携帯電話」のサービスが始まりました。このときの移動通信システムは「1G」でした。

これは、ラジオのように音声を電波に乗る信号に変えて、伝送する「アナログ方式」でした。簡単にいえば、通話のみです。そして大きさは肩にかけないと持ち運べないような大きさで、「ショルダーフォン」なんて呼ばれていました。

お笑い芸人の「平野ノラ」さんが、「しもしも?」ってやるあれですwあんなに大きかったんですねwしかも通話のみでした。1980年代のバブル期と重なったわけですね。

「2G」第二世代

1990年代には、「2G」へと進みます。「アナログ方式」から「デジタル方式」へ技術が進歩しました。データを0と1でできた『デジタルデータ』に変換して、電波に乗せるのが「デジタル方式」です。

CDやMDなども、この技術が使われています。だから、90年代は、CDやMDが売れまくってました。

デジタル方式の進歩によって、データ通信ができるようになって、メールなどの、データ通信サービスも利用できる端末になっていきました。

「3G」第三世代

1999年、携帯電話の革命がおきました。NTTドコモの「iモード」が誕生したのです。その後、同じく1999年に現在のKDDIが「EZweb」の利用を開始し、2000年にJ-PHONEが「写メール」サービスをはじめました。

そして、2001年に「3G」が開始しました。

いやぁ、あの時はワクワクしましたねぇ。。。

携帯電話で、色々とネット検索できるようになったり、カメラがついたり、その度に「すげぇ!」って驚いたものですねw

まぁ、今では考えられないくらい、回線が遅すぎてyahooのページを開くのに「1分」くらいかかっていたでしょうかww

「スマートフォン」誕生

「3G」は初めて国際基準として定められた移動通信システムです。これによって、日本の携帯電話の端末でも、海外で使えるようになりました。

いまでは、当たり前のように日本の携帯電話を海外で使うことができますが、まだ20年くらいしか経ってないんですね。

そして、2001年にNTTドコモの「FOMA」が世界初の「3G」のサービスを開始しました。「2G」から「3G」になり通信が一気に高速化しました。

そして、2008年にソフトバンクから「iPhone 3G」が提供されました。日本国内で初めてリリースされたiPhoneで、スマートフォンの爆発的普及と、ソフトバンクの大躍進のきっかけになりました。

「4G」第四世代

「3G」が世の中に出回った後も、通信速度の高速化の研究は進められていました。そして、マイナーチェンジがあるたびに「3.5G」→「3.9G」などと変化していきました。

「LTE」は厳密に言うと、「3.9G」にあたります。

2012年には、「4G」のサービスが開始されます。スマートフォンでのサービスは4G環境でますます勢いを増し、次々と新しいサービスがウマれました。

特に4G特有の変化は、動画配信サービスや、モバイルゲームのような大容量コンテンツが普及したことでしょうね。

「5G」の革命的技術

5Gがこれからどうやって変化していくかを知るためには、そもそも5Gとは何かということ、理解しなければいけません。難しい話になってしまうので、詳しいことは説明しませんが、なるべくわかりやすく解説したいと思います。

①高速大容量通信

読んだ意味の通りですが、今までよりも素早く、大きなデータを通信できるようになります。そして、電波が弱い地域などにも「ビームフォーミング」という技術で、電波を一定方向に遠くまで飛ばせるようになります。

だから、圏外の場所がほとんどなくなるといわれています。そして、「4G」時代の10倍以上、通信速度が早くなると言われています。

②超信頼・低遅延通信

「5G」の遅延は、「4G」の10分の1といわれています。

YouTubeなどの動画をみていると、一瞬止まったり、画面の真ん中でくるくるしたとか、見たことあると思います。

しかし、「5G」では、私たち人間が気づかないぐらいの遅延になります。これには「エッジコンピューティング」と呼ばれる技術が使われていて、より低遅延が可能になっています。

簡単にいうと、今までは、スマホから基地局にデータが送られて、その先のサーバーから情報をもらって、基地局に送られ、スマホにデータがくる道のりだったのが。説明してて、わからなくなりそうですがww

「5G」では、基地局で処理されるようになるので、スマホから基地局に行って、スマホに情報が入るという流れになるので、遅延がほぼなくなります。

③多数同時接続

皆さんこんな経験ありませんか?人が多いところで電波が悪くなる。みんながWi-Fiに接続したら、スマホが固まってしまった。など、「4G」では、同じ基地局に100台程度からアクセスを受けると、接続できなくなるということがありました。

「5G」では、これを100倍以上して1万台程度の端末が同時にアクセスしても、問題なく接続できるようになっています。

これは実は、たくさんの人が集まった時の対策ではなく、IoT時代(インターネット・オブ・シングス:ものがインターネットにつながる時代)を想定した技術といえるでしょう。

これからの未来

これから考えられる未来というのは、どのようなものがあるか私なりの考えを書こうと思います。そしてあなたにも、たくさん想像してワクワクして欲しいです。

八百屋は八百屋をしていたら潰れる時代

すごく新鮮な野菜が並んでいる八百屋さんがあったとします。時代が進み、たくさんのものがインターネットとつながりを持っていきます。

もしも、インターネットで新鮮な野菜を生産者に直接注文できるシステムができて、いつ収穫したか、誰が作ったか、注文した商品はリアルタイムでどこにあるか、など生産者と、運送屋さん、お客さんがインターネットでつながるわけです。

そうなると、買い物に行く必要もなくなり、すべてがネット上で完了してしまうわけです。すでに、アマゾンなどでそのようなシステムが出来上がっていますが、すべてにおいて、そうなってくるんです。

家のドアを作っている会社なら、鍵をかけたかどうかスマホで確認できる時代になってきているし、家に近づくと勝手にクーラーのスイッチが入ったり、お風呂が沸いたり、そんな時代が来るわけです。

だから、ドアの職人さんもドアだけを作っていたら全く売れなくなるわけです。

実際に、CDコンポなどを作っていた、KENWOODやパイオニアなどの会社も、方向転換が遅れたために、経営が悪化していきましたとさ。。。

まとめ

今回は、「5G」の歴史について話をしてきました。そして、世界にはもうすでに実装されて、利用されている場所もあります。

このタイミングで、「5G」の理解を深めておけば、たくさんのアイディアが生まれて、ビジネスチャンスがあなたにもくるかもしれません。

チャンスが来たときに、実力を発揮するには知識を蓄えておかなければいけません。

今日も、ブログを読んでいただきありがとうございました。





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です