人生を豊かにする

【消費税増税】消費税10%時代!日本における税金について調査した件(所得税、相続税、間接税など)

こんにちは、セントです。

今回は、日本の税金について話していこうと思います。

日本の税金は、なんだかんだで50種類以上もあります。そこで、今回は日本の税金問題を調査していこうと思います。

その中でも、私たちの生活に関わりの大きい、所得税、住民税、相続税、間接税、などを解説していきます。

お金持ち、稼いでも税金で半分持っていかれる問題

プロスポーツ選手や、一流芸能人など「稼いでも税金で、半分持っていかれる」なんて話をよく聞きますよね?

これは、本当なのか?

結論からいうとこれは事実です。

所得税・住民税はそのような仕組みになっています。

例えば

年収500万円のサラリーマンの場合
所得税・住民税は年間約20万円程度

しかし、お金持ちには税金は容赦はありません。

年収10億円の芸能人の場合
所得税・住民税は年間約4億7,000万程度

確かに、ほぼ半分しか手元には残りませんね。

しかし、節税のための方法として代表的なのは、自分の個人事務所を立ち上げることです。

そうすると、会社の収入として給料をもらうので、所得税よりも約5%低い、法人税が適用されることになるんですね。

さらに、親族を社員にすることで、最大3億円の節税が可能になります(年収10億円の場合)

トップの芸能人などは、個人事務所の設立で手元に7億円から、8億円程度手元残るんですねぇ。

すごい金額です!

なので、税金で半分持っていかれるといいながら、会社を作っている場合はウソを付いているってことですねwww

お金持ち死んだら容赦なくお金を持っていかれる問題

これは、相続税に関することです。

日本では、「3代お金持ちが続くと、家が潰れる」と言われていますw

ちなみに、

相続税の過去最高額
ブリジストン石橋元会長の1135億円だそうです!これ、税金ですよ!無条件でお国に納めるわけです。

東京スカイツリーが、だいたい2本建てられるくらいですねww(総工費650億円)

しかし、相続税にも節税対策があります。

例えば、5億円残して死亡した場合、相続税は約1億9,000万円になります。

そこで、節税の対策は、、、

生前贈与

説明すると、生きている間に財産を渡してしまうことで、遺産総額を減らし相続税を節税するということです。

しかし、5億円をそのまま渡してしまうと、贈与税が約2億5,000万円かかります。

では、どうすればいいのか?

分割贈与

例えば年に700万円ずつ、50年間、生前贈与をした場合、贈与税は安くすみます。そして、約1億円節税ができます。

しかし、節税ができない税金も存在します。

間接税

結構みんなが気づきにくいところで、取られている税金が存在しています。

酒税や関税など、ほぼ全ての商品に、ちょっとずつ間接税はかかっています。

その中でも、ちょっとでは済まないものがあります!

税率の高い商品ベスト3


第3位 輸入チーズ

関税約30%、消費税10%(約40%)が税金です。

輸入チーズを好んで食べているあなた、その味の4割は税金ですww

第2位 ビール

酒税 約40%、消費税10%(約50%)が税金です。

2本飲んだら、1本分が税金ですねwww

番外編 ガソリン

37.5%が税金です。

1リットルあたり約60円が税金です。

第1位 タバコ

タバコは、なんと税率64.5%です。

1箱500円のタバコの場合、約320円が税金です。ち

たばこ税の税収は年間約2兆円と言われています。

これは、全国のゴミ処理費用(年間)とほぼ同額と言われています。

タバコだけなんで、こんなに税金が高いの?

それは、「国民の健康のため」という理由があるからですw

そうなると、増税がしやすくなって、税金が取りやすいってことですね。

だから、増税や値上げを正当化しやすいってことですね。

ヨーロッパの主要国のタバコ税率

ヨーロッパでは、7割〜8割のたばこ税は当たり前です。

  • イギリス 76.5%
  • イタリア 75.2%
  • ドイツ 75.8%
  • オランダ 74.5%
  • フランス 80.4%
  • ポーランド 87.1%

その中でも、タバコが一番高いのはノルウェーで1箱約1,100円です。

どうせタバコやめられないだろ問題

表向きは、国民の健康のためと言われていますが、国の本心は大きな税収の確保だと言われています。

喫煙者が減っている中で、税収はほとんど変わっていませんw

調査では、1箱700円くらいまでは、税収は変わらないだろうと言われていますw

値上げしても、やめられない人は、やめられないというのはお見通しなんですねw

最近では、嫌がられることも多くなった喫煙者ですが、喫煙者たちが日本の税収を支えているのもまた、事実です。

まとめ

資産を持っている親から、相続を受けるというのを自慢している人もいますが、例えば不動産などを相続する際は、物で相続をしますが、納める税金はキャッシュです。

それをわかっていないと、相続をするものによっては、家を売却しなければいけなくなったり、相続するのが困難になるひとも多く見受けられます。

投資などで、資産を作るのも必要ですが、同時に相続などの税金の勉強も必ずしておいたほうがいいですね。

そんな、税金のことを考えてたら、美味しく食事もできないよって言われそうですが、気持ちは私も同じです。

しかし、税金の知識を持つことは生活をしていく上で、すごく重要です。

今日も、ブログを読んでいただきありがとうございました。




POSTED COMMENT

  1. PEKE より:

    不動産は不動産その物で相続を受けるが納める税金はキャッシュですか。
    あまりその辺を意識したことなかったですね。
    少し勉強します!(^-^;

    • 管理人 より:

      そうなんですよね。その辺がわからず、遺産相続できなかった人をたくさん見てきました。生前贈与などで、早めの対策が必要ですね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です