全てを見る

【株式投資初心者】仕手株情報に騙されるな。仕手筋って一体なんなの?

 

こんにちは、セントです。

今回は、仕手筋について、あなたに知ってもらおうと思います。

仕手筋情報とか、仕手筋が介入しているとか、そもそも仕手筋ってなんなの?とか色々SNSなどで、情報が溢れていて、なんか仕手ってすごそうなイメージ。とか、値段を釣り上げてくれそうなイメージ。ですよね?

そもそも仕手ってなんなの?

そんな、話を深掘りしていきます。

現代の仕手情報や、仕手筋情報系投資顧問などは、はっきり言うと、、

100%詐欺です

理由なども解説していきます。

仕手筋とは?

 

仕手筋と言うのは、資産家集団のような、お金を持った人の集まりが株価を釣り上げて、高値で売りぬける為に行動する集団です。

そして、仕手株とは、値段が上がりやすそうな「投機的な取引の対象」になりやすそうな、銘柄のことを言います。

値動きが大きくなるので、大きな利益をあげることもありますが、大きな損失になることもあります。まさに、ハイリスク・ハイリターンの銘柄です。

と、ここまで仕手筋、仕手株について話をしてきましたが、残念ながらそんな人たちは、もうすでに存在していません。

完全に昭和時代の栄光ですね

昭和時代は、仕手筋が介入する仕手株に乗って、儲けられたこともあったそうですが。。。

証券取引等監視委員会

 

証券取引等監視委員会ができてからというもの、「風説の流布」(全くデタラメの情報を流して、株価操縦する)や、「インサイダー取引」(一部の人間しかわからない情報を使って、株式の売買をする)が、厳しく取り締まられるようになりました。

昭和時代は、「風説の流布」も「相場操縦」も、インサイダー取引もやりたい放題で、取り締まりも全然なかったということです。

というか、取り締まる方法がなかったんです。

しかし、今は監視されていて、不審な取引があれば即座に口座を凍結したり、直接電話で取引について聞かれたりなど対策をしています。

さらに、証券取引等監視委員会によって逮捕に繋がった詐欺案件などもいくつかあります。

ネット仕手筋は詐欺(嘘情報)

 

ネット掲示板や、SNSを使ってグループで特定の銘柄を決めて、しつこく買い煽る集団がいますね。

この人たちは、「仕手筋」と言っていますが、資金力もないし、取引手法もタチが悪いです。

だから、数日の急騰で上昇が終わってしまうのです。

そこで標的にされやすいのは、時価総額の小さい新興株です。資金1億円もあれば、簡単に操作できますね。最近仕掛けられた銘柄は「ニチダイ」などがありましたね。

ニチダイ 週足2年チャート

500円から600円だった、ニチダイは、約2ヶ月かけて4000円近くまで上昇しましたが、短期間で1000円近くまで下落しました。

今は見ての通り、取引すらまともにされていません。だから、気をつけなくてはいけません。SNSなどで煽られている銘柄を信じて、取引していたら、最後には必ず負けます。

そして、煽られているこれら多くの銘柄は、「空売り」ができません。下がるほうに賭けられないということです。

だから、買い続けている限り上がるし、資金が抜ければ相当な下落を引き起こすのです。

ニチダイの例を見てみると、わずか10日足らずで約70%ほど下落しているので、信用取引をしていた人は、追証により退場を余儀なくされた人もたくさんいたようです。

これらの煽り屋などに標的にされた銘柄は、テクニカル分析や、ファンダメンタル分析などは一切関係がありません。

だから、こういう銘柄とアカウントなどは一切信用しないようにしましょう。よく、「〇〇さん銘柄」などと呟いている人もいますが、完全なカモか、その人とグルになっているかのどちらかです。

  • SNSで呟いている銘柄は取引しない
  • 銘柄を呟いているアカウントはミュート
  • 貸借銘柄のみ取引をする(空売りもできる銘柄)

この辺りに気をつければ、事故に遭う確率は減ります。

煽り屋アカウントは、話題株について呟くことが多いので、フォロワーも多いし、信用できそうな感じですが、ちゃんと見極めないと投資資金を失うことになりますよ。

仕手株情報投資顧問はすべて詐欺

 

そもそも、仕手行為は違法行為なので、仕手株情報を扱う時点で金融庁から、投資顧問としての認可がおりません。

じゃぁ、認可がおりていれば信用できるのか?というと、そういうわけでもありません。

金融庁から認可を受けるための条件は、

  • 金融業界での実務経験がある人がいるか
  • 業務を適切に行える社内体制があるか

などの条件をクリアする必要があるのです。

金融業界で実績のある人が、金融商品取引法違反に抵触する可能性のあるリスクを負って投資顧問会社で働く理由なんてありません。

だから、このような顧問会社にいる人は、仕手株の知ったかぶりの人と、証券会社をクビになってどうしようもない人など、素人同然の人たちが、お金を稼ぐためだけに起こした投資会社ということになります。


香港で会った日本人投資会社経営者

 

名前は、もちろん伏せなくてはいけませんが、数億円の投資をしてほしいとの案件に当たったことがあります。

どうも、話を聞くと日本で投資会社を経営している社長さんのようでした。かなり羽振りの良さそうな外見でした。そして、内容は「はめ込み」の手口によるものでした。

当然のことながら、私を含めた全員、そんなリスクを背負うビジネスよりも、未来に夢があるものに投資をしたい人たちなので、丁重にお断りしました。

数日後、ツイッターで有名な女性東大卒の「●田美●」こと「ウルフ●田」さんが、

「この銘柄は、香港筋も参加!」

と買いていて、本当に残念でした。

あぁ、あの社長さんと繋がっていたのねとww

ちなみに、彼女は嵌め込みの常習ですし、投資話でお金を引っ張って刑事罰も受けています。。。

まぁ、銘柄をたくさん呟くので、フォロワーはすごく多いですが。

投資詐欺などの手口

 

認可を受けていない投資助言会社や、煽り屋の人たちがどのような手口で儲けるのか仕組みを知っておきましょう。

これは、正直「違法の域」ですので、間違っても真似をするようなことはやめてくださいね。

情報の段階によって、おおよそ4段階に分かれます。

1段階目は、自分や仲間が「ある銘柄」を仕込みます。時価総額が小さくて、流動性がそこそこはある銘柄を選択します。

2段階目は、「プレミアム会員」など、毎月お金を多く払っている人たちに買い煽ります。

3段階目は、「一般会員」など、人が多いところに買わせます。

だいたい、この段階から、出来高などに動きが出てきて、話題になり始めます。

そして、4段階目では、情報掲示板やSNSなどで、煽りまくって株価を釣り上げます。そして、4段階目の人の買いに合わせて、1段階目、2段階目の人は売っていくのです。

そして、3段階目は持ちすぎて、含み損になるか、あまりにも小さい利益確定で終わるかのどちらかです。

4段階目は、損しかありません。

この話を聞いて、プレミアム会員になればいいのかな?

と思う人もいるかもしれませんが、そもそも違法なので、これによって稼いだお金は没収される確率も高いし、刑事罰などで罰金や実刑を受けてしまうこともあります。

海外では、顧客の「儲けた利益」までも、犯罪に関わっていたとして、没収されてしまったなんてことも、たくさんあります。

実態が、グレーの投資顧問会社に関わると、いいことはありません。

有る事無い事、話を作られて巻き込まれないようにしましょうね。

まとめ

 

今回は、仕手筋と現代のSNS煽り系の投資顧問などの手口などを話してきました。

投資の世界では、はっきり言って詐欺まがいの手口が非常に多いので、投資初心者は騙されたことにも気づかないうちに、退場してしまうこともあるくらいです。

金融庁の認可があるからとか、ツイッターフォロワー数が多いからとか、そう言った判断で信じるか信じないか決めているなら、十分注意していきましょう。

手口を知ることで、騙される人が減ることを祈っています。

そして、最後にまた言いますが、現代では、すでに仕手筋なんてものは存在しません。違法だからです。

仕手を語るのは、100%嘘です!

今日も、ブログを読んでいただきありがとうございました。




https://cent-hk.com/2019/10/13/【株式初心者】株主優待目的で株を買うと損をし/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です