全てを見る

【投資初心者】儲け話を他人にする人は自分が騙されやすい性格であることに気付こう!




こんにちは、Centです。

今回は、儲け話を他人にする人は自分が騙されやすい性格であると言う事について話していきたいと思います。

投資の世界で生きていると、いろいろな話が入ってきます。

先日、中国人Aさんと投資について話す機会がありました。

日本人以上に、お金を儲けることに真面目な中国人の人たちは、この投資が儲かるとか、あの人は1ヵ月で100万円儲けた。

なんて話をしながら、ご飯を食べることが大好きです。

しかしながら、よくよく話を聞いてみると投資の内容を理解していないだけでなく、本人たちはことごとく投資に失敗していました。

そして、投資と言うものについてどのようなスタンスで考えているのか、彼らと話した内容をここに書いていきたいと思います。


投資案件の内容

 

投資案件と言うのは、必ずリスクとリターンを考えなくてはいけません。

中国人の友人が話していた内容を書いていくと、ある投資が上手な投資家がいて資金をたくさん集めていると言う話でした。

内容は、100万円投資したら、儲かれば利益の50%をあなたにあげますよ。

もちろんその時には投資した100万円をお返しします。

しかし損してしまったときには、投資家自身も自分のお金がなくなるわけですから、一緒に泣きましょう。(返金されない)

と言う内容です。

確かに、投資を勉強したことがない人が、投資が上手な人にお金を預けてお金を増やしてもらおうと考えがちですが、それは間違っています。


からくりを暴いてみた

 

日本でも、このような投資の話はよく聞きますね。

裏話をすれば、この凄腕投資家はリスクを負っていません。

もっと言えば、全然すごい投資家でもありません。

どういうことかと言うと、このような人は、多分自分のお金を投資していても小額でしょう。

自分のお金を入れてない可能性もあります。

他人のお金で株式投資や、FXなどの投資をして、儲かったときには半分をもらう。

そして、損をしたときには自分もたくさんのお金を失ったように振る舞うのです。

これがカラクリです。

このような、投資を勉強したことがない人に対して「おいしい儲け話をする人」と言うのは世界共通でたくさんいます。

もしもあなたが、投資をしてお金を稼ぎたいと思っているなら、まず第一にこのような儲け話には絶対に乗らないようにしましょう。


リスクとリターンを考える

 

この投資案件の場合、本当に資産運用が上手な投資家だとしても、Aさんが投資をしたお金が1,000,000円だった場合、リスクはお金がなくなると言う1,000,000円の損害になります。

しかし、1,000,000円儲かった場合には500,000円しか入ってこないことになります。

そして、投資に対してのイメージですが、「1年で倍になる」とか、「短い期間に大きなお金が儲かる」と言うイメージを持ってる人が多いようです。

1年で倍になる投資と言うのは、リスクを考えたら「1年で0になる」ことと、一緒のことです。

投資と言うのは、リスクをとったからリターンがあるので、しっかりとした知識を持った投資家と言うのはこのようなリスクの取り方は絶対にしません。

数学的に話をしてみると、勝ちと負けが2分の1で計算した場合、マイナスは最大で1,000,000円。プラスは1,000,000円とした場合、儲かったときには500,000円を投資家に払わなければいけないので、プラスは50万円になります。

だから普通に考えて、この投資案件はマイナスにしかならない。と考えた方が良いでしょう。


銀行や信託銀行

 

それでは、信託銀行などに預けるのはどうでしょう。

銀行とか、信託銀行なら安心でしょう!と考えるのはちょっと待ってください。

確かに彼らは投資においてプロかもしれませんが、銀行や信託銀行と言うのは基本的には手数料で稼いでいます。

1,000,000円を投資信託などに運用をお願いした場合、手数料は3%程度取られます。

そして、投資対象の種類にもよりますが、基本的にはなるべく安全な投資をして、年に2%から5%程度になるように運用します。

もしも、年に2%の運用だった場合、3年後に信託を解約したらどうなるでしょうか?

もちろん解約の際も3%程度手数料は取られます。

プラスマイナス、ゼロでは?と思う人もいつかもしれませんが、最初に3%取られるので、97万円からの運用になる分、結果はマイナスになっってしまいます。

元手 100万円
→手数料3%(97万円)
→年利2%(989,400円)
→2年目2%(1,009,188円)
→3年目2%(1,029,371円)
→手数料3%(998,490円)

これが、資産運用のプロに3年間預けた結果です。。。

そして、銀行や、信託銀行はあなたの資産が増えようが減ろうが、興味はありませんww

この現実を1人でも多くの人に知っていただきたいんです。


投資は自分でやろう

 

投資のことがわからない人も、他人にお金を預けたら儲かるものも儲からなくなります。

だから、もしも投資でお金を増やしたいと考えているなら、自分で投資をしましょう。

そんなに時間がないよと言う人に伝えたいのは、自分で投資をすること自体はそんなに難しいことではありません。

今ではネット証券などは、インターネットですぐに口座の開設をすることができます。

そして、自分が興味がある会社に投資をすればいいんです。

楽してお金を儲けようと考えたら、なかなかうまくいきません。

しかし、他人に預けて運用してもらうよりも、難易度はずっと低くなります。


まとめ 

今回は、儲け話を他人にする人は自分が騙されやすい性格であると言う事について話していきました。

投資の知識がないと、儲け話に乗ってしまう人が多いですが、投資は必ず自分でするようにしましょう。

そして、どんなにいい儲け話でも他人にすすめるのもやめた方がいいです。

話した相手が、悪い知恵を持った人なら、逆に騙されてしまうかもしれません。

投資の世界には、あなたが思っているよりもたくさん、悪い人が集まってきますよ。

一人でも、騙される人が減りますように。。。

今日も、ブログを読んでいただきありがとうございました。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です