全てを見る

【株式投資初心者】経歴や、学歴、肩書き、ビッグネームに騙されない投資のスタンスをとりましょう

セント

こんにちは、Centです。

今回は、「経歴や学歴などに騙されない投資のスタンスをとっていきましょう」という話をしていきます。

先日、友人とご飯を食べていた時に、「ある銘柄」がオススメだと言ってきた人がいました。

よくよく聞いてみると、投資顧問を経営している社長さんが「オススメだ」と言っていたとのことでした。

友人が、その後、「ある銘柄」で大きな損を出してしまっったのは、言うまでもありません。。。

批判は、一切する気はありません。

ですが、、、投資初心者さんが、そう言った人たちを信じすぎてしまって、大きな損をするのがどうしても、気持ちが悪いんですよね。。。

本当に心が痛いですね。。。

そんな話を今日は深掘りしようと思います。

経歴や、学歴などでマウントを取る

SNSなどで最近見かけるのは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていて、株式投資などのトレードの仕方を教えている人について考えたいと思いました。

または、以前にファンドで働いていましたとか、優秀な大学出身で投資をしていると言うような、マウントの取り方をしている人です。

どんなに、頭が良くても、経歴が華やかでも、トレードの成績とは、全く関係ありません。

もちろん、そういった経歴の人でもトレードで生活している人もたくさんいるとは思いますが、投資初心者さんはそういった経歴を見て信じ込んでしまう人もたくさんいます

そして、そのような経歴を持ってる人だって、とんちんかんな解説をしてる人たくさん見てきました。

ファンドでトレーダー出身の人

トレーダーとして働いていた人と言うのは、確かにトレードのことをたくさん知っているように感じます。

しかしながら、ファンドでの資産運用と言うのは、大きな利益を上げれば、給料が数億円、数十億円にもなる仕事です。

対して、トレードで結果を残せなければ、早い段階でクビにされてしまうような大変な仕事でもあります。

だから、ファンドでトレーダーでしたという人は、はっきり言うと、トレードで結果を残せなかった人というのがほとんどを占めています。

だからトレードが上手かといえば、かなり疑問に思うところです。

FPの資格を持っている人

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人は、資産形成に関しての勉強はしっかりしていると思います。

しかし、株式投資において結果が残せるかどうかはまた別の話です。

そのような人が、自分の買った銘柄を公言して、SNSなどで、煽っているのを見ると、心が苦しくなります。

資産運用のプロですが、実際のトレードの成績は残せない人が多いようです。

証券会社の営業マン

証券会社の営業マンは、たくさんのおすすめの銘柄を知っていますw

また一般の人が手に入らないような、ウラ情報を持っている人もいます。

しかしながら、証券会社の場合は、あなたが売買をした手数料でご飯を食べています。

だから、おすすめの銘柄を買ったとしても、運用がうまくいくかどうかと言うのは、すごく疑問なところです。

なぜならば、おすすめ銘柄を買って値段が上がった場合、証券会社の人はこういうでしょう。

早めに利益確定をして、また違うおすすめの銘柄を買いましょう。

そしてまた別の銘柄を買わせて、手数料で稼ごうとします

もしもお勧めの銘柄が、値下がりしてしまった場合にはこういうでしょう。

早めに損切りをして、もっといい銘柄、おすすめの銘柄があるのでそちらを買ってみましょうと。。。

どちらにせよ、証券会社の営業マンがお勧めする株と言うのは、儲かるか儲からないかはわかりません。

株とはそういうものです。

株価が上がると分かっている株」というのは存在しません。

株の学校などを開いている人

株を誰かに教えている人というのは、株式投資の世界にはたくさんいます。

しかし、なぜ株の学校を開いているのか?ということを考えてみると、儲かるからです。

株式投資初心者の頃は、なかなかうまくいかないので、誰かに教えてもらったり、助けて欲しいものです。

気持ちはすごくわかります。

しかし、株の勉強したことと、儲かるというのは、こちらも別の話です。

世界的に有名な投資家が、破産することもあるように、どんなに勉強していても、失敗はつきものです。

投資顧問

投資顧問に登録し、毎月何万円もお金を払って、この銘柄をいくらで買ってくださいと言われます。

そして、投資顧問よっては、空売りの指示までする投資顧問もいます。

しかし、投資顧問に登録して、一財産築けたという人は聞いたことがありません

投資顧問の場合、あなたの代わりに、銘柄の選別を行うので、その手数料のようなものです。

そして、銘柄を選別してもらったからといって、儲かるか儲からないかというのは、耳にタコが出来そうですが、また別の問題です。

もちろん、投資顧問の会社も、トレードでお客さんに利益を出してもらって、話題になればどんどん顧客がついてくるので、必死に銘柄選別などもしているはずです。

しかし、結果はなかなかついてきません。。。

どうすれば、いいか考えて見る

結論を言うと、銘柄は自分で選別して、自分の投資資金と相談して、株式投資をすることが1番良い結果を生みます。

投資資金が、100万円の人が、投資顧問登録をして、任天堂の株を買ってくださいとなった時、資金が足りないので、任天堂の株を買うことができません。

なぜ結果が出ないかというと、あなたの投資資金や財産の事は、考慮されていないのです。

簡単に言えば、リスク管理は度外視ということです。

そして、投資顧問などに毎月のように数万円払って、トレードをするなら、自分で勉強してトレードした方が、資産は残せます。

なぜなら、1か月「3万円くらい」の投資顧問料なら、1年で36万円なくなる計算になるので、絶対に投資成績からカバーするのは難しいですよね。

まとめ

今回は、経歴や、学歴、肩書き、ビッグネームに騙されない投資のスタンスをとりましょうというテーマで話をしてきました。

結論は、投資をする上で自分の銘柄や、自分のトレードに関しては、資産の状況などを1番わかっているのは、やっぱり自分であると言うことです。

投資顧問などに言われて、売買しても、資金いっぱいにトレードをしてしまったり、リスク管理はそっちのけと言う状態になってしまいます。

株式投資において、1番重要なのは、長期間にわたって投資ができる環境を作ると言うことです。

だからリスク管理と言うのは、トレードで結果を残していく上では1番重要だといって良いでしょう。

投資は、ゆっくりで良いんです。

着実に、利益を重ねていきましょうね。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です