全てを見る

【外国株投資初心者】アメリカ株投資、外国株投資でのリスク回避の方法

セント

こんにちは、Centです。

今回は、アメリカ株投資とか、海外の市場に投資する際のリスクをしっかりと考えておきましょう。

今では、ブロガーの方などが、自分のポートフォリオなどを発表している人がいるので、しっかりと分散して勉強しているのがわかります。

しかし、海外に住んでいれば何も問題ないんですが、日本に住んでいて海外に投資する場合にはリスクがついてきます。

今日は、そのリスクについて話しておきましょう。

アメリカ株投資は最強

これには全く反論するつもりはありません。

だって事実ですからね。

アメリカ株の魅力と言うのは、高配当で連続増配している企業が多い事ですね。

例えばP&G。

日本でもよく知られている商品がとても多く、ファブリーズ、アリエール、レノア、ボールド、ジョイ、パンパースなど、ほとんど聞いたことありますよね。

日本だけじゃなくて、世界中の人たちの生活を支えているといっても過言ではありません。

そして、60年以上増配を続けて、配当利回り約3%というのは有名な話です。

株価も、ITバブル崩壊、リーマンショック、などで下げることはありましたが、基本的には、ずっと右肩上がりです。

参考までに、チャートを載せておきますおね。

こんなふうにアメリカ株、高配当でさらに連続増配を何十年と続けている企業がいくつもあります。

個別銘柄に投資してもいいし、ETFで分散投資をしてもいいと思います。

いいことだけではないのが投資

海外に投資するという事はすでに為替リスクと常に隣り合わせです。

日本国内の株式市場でメインで投資をしている人は、株価の上がり下がりだけに注目してればいいんですが、海外への投資となるとそうはいきません。

為替リスクとは?

例を挙げて説明しますね。

為替リスクというのは、1ドル100円の時に100万円分の株を買ったとします。(金額にして10,000ドル)

買ったものが、1年間で10%の利益が出たとしますね。

評価益は+10%で11,000ドルになったとします。

値上がりして売ろうとしたときに、1ドル90円まで円高が進んでいたらどうなるでしょうか???

110ドルを円に換算しなければいけないので、99万円になります。。

ん?10%の利益が出たのに、9900円になっちゃうんですよね。。。

これだったら、投資をせずに日本円を持っているだけの方が儲かっていたということになってしまうんですね。

さらには、為替手数料が往復と、株の売買手数料の往復を考えると、もっと損してしまうことになります。

もちろんその逆もあるので、円高のうちに買った海外資産というのは、円安になればなるほど利益が加速します。

円高などの為替リスクを回避する方法

為替だけに着目すれば、円高になったときに損失を埋めることができれば良いので、ドル円の売りをFXを用いて為替ヘッジをするべきです。

1ドル100円の時に1万ドル購入したとします。

10%の含み益で、11,000ドルに上昇。

しかし為替が90円になってしまうと、先ほど話した様に10,000円の損失になってしまいます。

しかし、ドル円の売りを、株の金額と同額だけ売っていた場合、10万円の利益が発生します。

だからトータルすると、90,000円の利益になるわけです。

基本的には、株価の下落と、円高と言うのは一緒にやってくることが多いので、暴落対策にもなります。


為替ヘッジの注意

円高になるときは為替ヘッジをすることで、株価の上昇も利益にすることができました。

しかし、円安がどんどん進んだ場合、FXの資産は損失が膨らんでいってしまうので、株を売却するまでに円高になりそうもないなら、FXの資産のほうは、少し早めにポジションを軽くしておくべきです。

円高になるまで待とうなどと、損切りをできない状態で待っていると、何年間も円高に振れないこともあるので、早めに損切りした方が良い結果になることが多いと思います。

スワップポイントが発生する

ドル円の売りをすると、米国と日本の金利差であるスワップポイントがマイナスとなるので、毎日支払いが発生します

株の長期保有などを考えている人は、スワップ金利が少ないFX会社で取引を行うことが重要だと思います。

FXの業者等については、ここでは説明を省かせてもらいます。

まとめ

今回は、アメリカ株などの海外への投資の人気が出てきているので、日本在住で海外株に投資している人へのリスクヘッジの仕方を話してきました。

主に海外に投資をする時は、為替リスクがついてまわります。

これがわからないと、大暴落にあって資金がなくなったときに日本円にしようとしたらダブルパンチをくらう人もいるんです。

いろいろなブロガーさん達が、ポートフォリオを上げて分散投資をしているのを見かけます。

見た感じでは、ドル円でのリスクヘッジをしてる人が少ないですねww

アメリカに住んでるなら、問題ないんですよ。

2020年2月の暴落で、アメリカ株の下落が大きかったですが、為替も112円台から、107円台まで約5%下落しているので、ダブルパンチを食っているとうことです。

まぁ、気づいてない人も多い気がしますww

リスクヘッジの仕方で、海外移住を進めようとも思ったんですが、やはり日本人が海外で生きていくのは経験上とても大変です。

香港でも、郵便物の再配達は、英語か広東語です。

私は中国語が話せるので、広東語のほうに電話をして無理矢理中国語で伝えているような状態ですww

コロナウィルスもあってか、欧米では黄色人種へのヘイトなども多いと聞きます。

やはり、日本人は日本に住んでいるのが1番良いのかもしれませんね。

今日も見ていただいてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です