全てを見る

【㊙️投資初心者】超重要!日銀ETF買いがもたらす、お金の流れを知ろう。

こんにちは、Centです。

今回は、日銀の良いETF買い、アメリカの量的緩和などニュースになっていますが、お金の流れを知らないと損をしてしまうことになります。

日銀のお金はどこに流れて、どのような流れを作り出しているのか?

これがわからないと、結局日銀の流れに逆らってしまっていることになります。

日銀が買うからって、日経平均の連動ETFを買ってはいませんか?

最後のパートでは、理論上『一生儲かる方法』も解説します。

今日はその辺の話を深掘りしていきたいと思います。

それでは、今日もお付き合い下さい。

【注目】日経平均とTOPIXの関係

これを読んでいる人はお気づきだろうか?

日経平均株価と、TOPIXの関係をしっかりと見ている人はどのくらいいるでしょうか?

投資初心者で、日銀がETFを買ってくれるので、日経平均株価と連動したETFを購入したりしてはいませんか?

実は、この投資行動は間違っています

これがわからないと、損をしてしまうことになるので一緒に学んでいきましょう。

これから説明していきますね。

日銀が買っているETF

日銀は、何のETFを買っているかを、公に発表しています。

これは、どこにお金が投入されるか?ということを意味していますね。

しかし、Twitterなどを見ていると、そのお金の流れを理解していない人がかなり多いと感じています。

そこで、これを読んでくれているあなたに、一生儲かる投資手法を考えていきましょう。

日銀のETF買いはTOPIXがメイン

それでは日銀が買っているETFの割合を見ていきましょう。

これをちゃんと確認していた人はどのくらいいるでしょうか?

TOPIXへの投資の割合を考えてみると、4.2兆円に加え、1.5兆円分の約3分の1の0.5兆円、合計で4.7兆円

日銀が投入する資金の、6兆円から見ると78.3%がTOPIXを購入していると言うことです。

だから、日経平均を見ながら日銀のETFの波に乗ろうとしても、筋違いとしか言いようがありません。

これを踏まえた上で、最近の指数の動きを確認していきましょう。

日経平均株価とTOPIXのパフォーマンス

最近の傾向を見てみると、日経平均株価が弱いのに、TOPIXが強いと言う日が、実はたくさんあるんです。

ちなみにこれを書いている日は、2020年3月19日ですが、この日の日経平均株価とTOPIXのパフォーマンスを見てみましょう。

225225.jp

日経平均が約1%下落に対して、TOPIXは約1%の上昇で終りました。

この日の、日銀の購入金額を見てみましょう。

ETFの購入は2004億円でした。

そしてそのほとんどは、TOPIXに流れたと言うことです。

そして、そこに投資エッジが生まれるわけですね。

投資エッジと言うのは、儲かる確率が高い取引ができる状態と言うことです。

それでは話していきましょう。

機関投資家はアービトラージで儲けている

一度、こちらの記事を読んでいただけると、ここから話す内容が十分に理解できると思います。

巨額の投資ファンドは、なるべく安全な方法で利益を得ようとしています。

そしてその方法は、私たち個人投資家にとっても有効な投資方法となってきます。

日銀がTOPIXを大きく購入していると言う事は、その波に乗らない手はありません。

しかし、購入しない日は、弱くなってしまう可能性もあるわけです。

そこで、近年のファンドの投資の流行はこれの一択です。

TOPIX買い
日経平均売り

これは、個別銘柄にも言えることです。

トピックスでは時価総額が大きい会社が恩恵を受けやすいので、東京証券取引所の時価総額ランキングが、そのまま恩恵を受ける順位と言うことになります。

そして、日銀が買い続ける限りこの手法は、理論上一生儲かると言うことになります。

ただ、アービトラージは安全な投資ゆえに、利益が少ないことが難点です。

なぜなら、指数は同じような動きをするのが基本的で、日銀が購入する分、TOPIXが有利に働くと言うことになります。

だから、投資パフォーマンスは個別銘柄に負けることもあるかもしれません。

まとめ

今回は、日銀のETF買い入れと、日経平均、TOPIXの関係を見てきました。

日銀が買い入れをするからといって、日経平均と連動しているETFを買っているようじゃ、全くお話にならない』と言うことです。

買うならTOPIXのETF(または時価総額が大きい銘柄)売るなら日経平均のETF(または寄与度の大きい銘柄)と言うことになります。

日銀がETFの購入を続ける限り、ヘッジファンド等の機関投資家たちは、この手法を続けるので、しばらくはこれで食べていけます。

最後になりますが、TOPIXの時価総額ランキングと、日経平均の寄与度のランキングのリンクを貼っておきます。

ある銘柄を買ったら、ある銘柄を売ることを徹底的に続けてください。

あくまでも個人的な意見なので、参考にするかしないかはあなた次第です。

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です