全てを見る

【株式投資初心者】ニュースは投資のチャンスだけど間違いだらけ?

こんにちは、Centです。

今回は、ニュースは投資のチャンスだけど間違いだらけという話をしていきたいと思います。

毎日、たくさんのニュースや報道がされていますが、株式投資初心者の人の売買するタイミングなどに違和感を覚えることがたくさんあります。

そして、「〇〇さんが買っていたから」とか「〇〇さんに乗ったら利益が出た」などの理由で売買をしてる人もたくさんいます。

こんなんじゃ一生投資には勝てるようにならないし、もしも損をしてしまったときに批判をする人もこういう人種の人たちです。

ニュースの見方や、投資のタイミングを学ばずして利益が出るようになる事はありません。

たまたま勝ったとしても、絶対にその資産はなくなってしまうでしょう。

なぜならば「投資の知識がないから」です。

今日は、この辺を深掘りしていきたいと思います。

それでは、今日もお付き合い下さい。



ニュースは株価に影響する

戦争や、テロなど悪いニュースだけではなくて、毎日のように身近なところで多くのニュースを目にします。

しかし、投資初心者などの経済の知識が浅い人が同じニュースを見たとしても、投資家や、経済の知識が深い人とは見る角度が違ってきます。

何が言いたいかというと、新しいニュースが出てもそれがどのくらい重要なニュースなのかを見極める目と知識が必要になってきます。

確実なニュースもあれば、噂レベルのニュースも流れることもあります。

そのニュースを見て、信用しきってしまうと投資にとても大きなマイナス面になることがあります。



コロナは収束しない?

例えば、例を挙げて説明していきましょう。

世界的に見ても「コロナは収束しないんじゃないか?」という考えがあります。

もしかすると、そうなるかもしれないし、そうならないかもしれません。

しかし、「もうコロナは収束しないから、、、」と信じきっている人はたくさんいるでしょう。

もうコロナは収束しないから、旅行会社や、航空会社の業績は以前のようによくならないのではないか?と考えている人が多いのが事実です。

しかし投資の目線から見ると、このような不確定な要素のものに対して、まるで決まった未来のように考える事はとても危険なことです。

例えば、2020年6月4日、6月5日の二日間だけで、アメリカの航空会社の株が爆上げしました。

銘柄によっては、二日間でほぼ倍になった株もありました(70%超えの上昇)

このように、もうコロナが収束しないと考えていた人たちは、株価の上昇に絶対に乗れないし、航空会社の株を空売りしていて破産した人を何人か見ました。

だから、株ではまずは「ニュースを決めつけて見ない」という事がとても重要になってきます。



新製品発売

商品開発をする企業は、どんな会社でも競争に勝ち残るために開発に力を入れています。

実際に、新商品の発売などのニュースはよく目にしますよね。

新製品や新技術が画期的なものであればあるほど、ライバルの企業よりも優位に立てる可能性が高くなるので、このようなニュースが流れるとその会社の株価は大きく反応することがあります

もちろん、話題になれば業績にも良い影響を与えていくことになりますね。

しかしここでいちど立ち止まって考えなければいけないのは、そのニュースが事実なのかどうか?ということと、事実じゃない可能性があるならどのくらいの可能性があるのか?など、プレスリリースを確認して考える必要が出てきます。

プレスリリース

企業・団体が、経営に関わるニュースや、新商品・新サービスの情報をマスコミに知らせるための文書。

どんなに消費不振の時代であっても、新商品が投入されヒット商品は必ず存在しています。

業界全体が落ち目であっても、新商品のヒットによって会社の業績が伸びている会社もありますね。

業績の動きが違うと言うのだから、もちろん株価の動きも違ってきます。



会社会社のインパクトのインパクト

例えば、新製品の売り上げが100億円規模になると言うようなヒット商品が話題になったとします。

しかしここで確認しなければいけないのは、その企業の規模です。

もしもこの会社が1兆円の売り上げがある企業だったら、100億円のヒット商品でもわずか売り上げの1%に過ぎないからです。

そして、この企業の業績に与えるインパクトはとても小さいものになります。

だから、もしもその会社の株価が上昇したとしても一次的なもので終わってしまうと言うことです。



実際にあった企業のプレスリリース

最近、ジャスダック市場で東北バイオベンチャーの「テラ」という会社がプレスリリースを発表しました。

先に図を見て欲しいんですが、ある日左のニュースが新しくホームページに追加されました。

この発表によって、株価は大きく上がりました。

次の日、右の文言に切り替えられました。

重大という言葉が抜けています。。。

この変更によって、次の日株価は大きく下がりました。

このように、会社が小さければ小さいほど、ニュースによって株価が大きく影響されます。

あなたが投資している会社が、とても小さな会社だった場合には新しいニュースがでないかどうかずっとチェックをしていなければいけなくなります。

たまたま自分が見ていないタイミングで、新しいニュースが発表されて株価が大きく動いたときには、下手すると大損してしまうかもしれません。

だから、投資初心者には値動きが荒い小さな会社ではなく、値動きが緩やかな時価総額が大きい会社を選んで取引をすることをお勧めします。



まとめ

今回は、ニュースは投資のチャンスだけど間違いだらけ?と言う話をしてきました。

これって実は重要なことなんですよね。

そして、小さなニュースであっても、大きな変化の兆しになることもあります。

新しいニュースが出たら、株式投資を考えるチャンスであって、経済を知るためのチャンスです。

投資経験が長い投資家たちは、このような作業をたくさんこなしてきているので、経験と知識が溜まっています。

だから、考える方向性を大きく間違える事は少ないと言えるでしょう。

しかし、投資を始めたばかりの人にとっては重要なニュースなのか、株価に影響が出ないような小さなニュースなのかの判断はとても難しくなります。

さらには、間違ったニュースを完全に信じてしまう人もいるので、十分に注意して投資に臨みましょう。

そして、間違っても〇〇さんが買っているからなどと言う理由で売買をしないようにしてくださいね。

投資をする事は、少し不安があるかもしれませんが、それに慣れていかないと利益が出るような投資ができなくなってしまいます。

今日も、読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です