人生を豊かにする

【オセロ症候群】恋人の携帯をチェックしないと気が済まない。特徴、原因、改善方法

セント

こんにちは、セントです。

今回は、人生を豊かにする【恋愛編】ということで、最近増えてきている「オセロ症候群」について話をしていきたいと思います。

皆さん、オセロ症候群って聞いたことがありますか?専門家以外、ほとんどの人は聞いたことがないかもしれませんね。

恋愛関係において、嫉妬することってよくありますよね。

しかし、オセロ症候群というのは、その感情をコントロールできず感情的に怒ったり、何もしていないパートナーをずっと疑ってしまう症状です。

そんな、オセロ症候群の説明と考えられる原因、改善方法などを深堀していきたいと思います。



名前の由来

「オセロ症候群」は、シェイクスピアの悲劇が名前の由来です。その中にオセロ(ヴェニスのムーア人)から名前がつけられています。心理学者の中には、「妄想的な嫉妬」と呼ぶ人もいます。彼は、奥さんが浮気をしていると疑います。

そして妄想が膨らんで、自分の中で事実だと決めて、奥さんを●し、自らも自●します。

この主人公のように、パートナーに対して、不信感や疑いを持ち続ける人がいます。そのような事実もなく、動機づけるものもなく、ただ自分自身の想像でしかありません。

こんなタイプの人は、「オセロ症候群」の疑いがあります。

次は、オセロ症候群の特徴や、原因、改善方法について見ていきたいと思います。



オセロ症候群の特徴

世界的に信憑性がある医学書(DSM−5)によれば、「オセロ症候群」は、妄想性障害の嫉妬型に分類されます。

これは、パートナーが浮気しているのではないかという思いが大きくなりすぎて、病的に疑ってしまうことです。

オセロ症候群の人は、完全に理不尽な行動をとります。

自分が疑っていることが、合っているかどうかは関係がなく、自分が思っていることを信じる特徴があります。

もちろん、相手が嫌な気持ちになるかどうかも、関係ありません。

オセロ症候群の人の関心事は、相手の気持ちよりも、パートナーの浮気の証拠を徹底的に探すことです。

携帯やパソコンを調べるのが日課になって、常に質問をするでしょう。

妄想から、パートナーが浮気をしてるから、最近変わったと思い込んでしまうのです。

さらに、感情がコントロール不能になると、パートナーを追い込むこともあり、最悪な結果を招くことがあるのがオセロ症候群の特徴です。

そして、パートナーから裏切られ、「自分は被害者だ」と思い込む人もいます。

オセロ症候群かどうかのチェック項目

  • パートナーにいつも尋問して、日常をチェックする。
  • 証拠もないのに、パートナーが浮気をしていると突然疑う。
  • 嫉妬などの感情をコントロールすることができない。
  • 衝動をコントロールできない。
  • パートナーへの疑いを確証づける、証拠を常に探している。




オセロ症候群の原因は?

今のところ、オセロ症候群の原因は完全には解明されていません。

また、アルツハイマーやパーキンソンと、「オセロ症候群」が関係しているという研究結果もあります。

オセロ症候群の原因が解明されるには、さらなる研究が必要とされています。

病的な嫉妬の治療法

オセロ症候群の人に効果的な治療法は、認知行動療法です。

認知行動療法というのは、考え方を改善する方法と、行動を改善する方法を組み合わせたものです。

また、症状が重い場合には、衝動をコントロールするための向精神薬を処方されることもあります。

向精神薬とは

向精神薬は、中枢神経系に作用して、精神機能をコントロールする薬物の総称です。

一般的には、精神疾患の治療に用いられる薬物を指す。





オススメの改善方法

「オセロ症候群」という名前がついていますが、まだすべてが解明されていないので、病気かどうか判断できませんよね?

そして、いまこの記事を読んで、パートナーがこの状態であったり、自分自身に思い当たることがあるならば、カップルセラピーがいいと思います。

別の言葉でいえば、カップルで受けられるカウンセリングです。

オセロ症候群というのは本人も覚えていない、過去の出来事が関係していると考えられています。

原因がわかって改善できれば、そういった不安がなくなり、パートナーを嫌な気持ちにしたり、追い詰めたりしなくなって、パートナーとの関係もよくなっていくでしょう。



まとめ

今回は、人生を豊かにする【恋愛編】ということで、「オセロ症候群」について話をしてきました。

いろいろ話をしてきましたが、オセロ症候群の症状が出てしまっている人も、もともとは「相手のことが大好きだ」という理由がそこにはあります。

お互いが、パートナーのことを理解していくことで、いい関係を続けていけると思います。

個人的な意見ですが、原因がはっきりとわかっていないので、薬を飲むことは、あまりしないほうがいいと思います。

精神系の薬で一時的に症状は改善するかもしれませんが、根本的な解決にはならないからです。

出会いというのは、すごく貴重なものです。

そして、恋愛感情が生まれてカップルになったんだから、2人で乗り越えて今以上に、幸せになってください。

今日も、ブログを読んでいただきありがとうございました。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です