全てを見る

【投資に必要な知識】投資を続けるために!ルールの決め方、資産の守り方

こんにちは、Centです。

今回は、投資を続けていくためには、しっかりと自分のルールを作らなければいけないよという話です。

投資でお金を増やしたいという人はたくさんいますが、投資において何が1番重要か?というと、リスクと資金の管理が1番重要です。

そして少しでも投資を長く続けることが、資産を増やしていく上で1番大事なんですよね。

だから、一時的な損失や利益に流されないように注意していかなければいけません。

そこで今回は、自分の投資ルールの作り方や、資金管理の基本的な考えについて話していこうと思います。

それでは今日もお付き合い下さい。



自分ルール

投資で利益を得るためには、センスや、才能、知識、経験などが必要だという考えの人が多いと思います。

実際に、これらは重要な要素だと思います。

とはいえ、いくらセンスや才能があったとしても、リスクを取りすぎた取引をすれば大きな相場変動で資産を失うことになります。

もちろん、なんとなく売買している人も一緒ですよね。

長く投資を続けていくためには、なんと言っても資産を大きく失わないようにする資金管理が重要になってきます。

利益を出すのはもちろん重要ですが、それも長く投資を続けているからこそ、実現できる結果の1つです。



リスク管理と資産管理

リスクと資産を管理するときのポイントは、「自分の投資のルールを決めて守っていく」ことです。

まずリスク管理については、自分がどのくらいのリスクに耐えられるのかを考えていく必要があります。

それをもとにルールを作っていくことが重要です。



損切り

損切りはその手法の中でも重要なポイントの1つです。

10%くらい資産が減っても投資を続けられるのであればその人の損切りラインは、最大マイナス10%となるし、取れるリスクも10%までとなります。

資金については、一度に投資をする金額を具体的に設定して、ルール化していくべきです。

例えば取れるリスクを10%と決めた場合には、直近の値動きが10%以内に収まっている銘柄であれば全額投資してもリスクの範囲内ということになります(損切りをしっかりするという前提)


より安全に投資をするためには

安定的に投資をするためには、分散投資によってリスクを抑えることが大切になってきます。

投資の格言に「1つのカゴに卵を盛るな」という言葉がある通り、1つの銘柄に集中的に投資すると暴落したときのダメージが大きくなりすぎます

特に、新興株の小型銘柄などに投資をした場合、第三者割当増資などで急激な価格変動等がよく起こります。

第三者割当増資とは?

第三者割当増資は、会社の資金調達方法のひとつです。特定の第三者に新株を引き受ける権利を与え、新株を引き受けさせる増資を第三者割当増資といいます。

基本的には、株価よりもディスカウントした値段で新株を発行するので、その水準まで株価が下がりやすくなります。





細かくルールを設定する

いま挙げたリスク管理のほかに、どのくらいの長さで投資をしていくのか決める取引期間、買うタイミング、利益を確定する目安などあらゆる取引についてルールを設定していくことができます。

そして、そのルールに従って取引をすることで、利益が最大化できたか損失を最小化できたかを検証していくこともできます。



感情に流されないようにする

ルールについて難しいのは、ルールを作ることよりも守ることです。

どんなに優れたルールを作ったとしても、それを守っていかなければ作っていないのと同じだからですね。

では、どんな時にルールを破ってしまうのでしょうか?

それは、間違いなく大きな損が出てしまった時です。

資産が減ると焦ってしまい、取り戻したい、一気に資産を回復したいと考えてしまうことが出てきます。

しかし、そんな時に大きなリスクをとってしまうと、さらに判断を間違えてしまったときに資産が急激に減る可能性が出てきてしまいます。

もっと言うと、資産が全額なくなってしまう可能性が高くなってしまいます

損を出している時こそ、ルールを守って取引することが重要になってきます。


儲かった時も注意

逆に大きく利益を得た時も注意が必要ですね。

なぜならばこのような状況では、「取引がうまくなった」とか、「相場が読めるようになった」という自信が生まれて、ついつい大きな金額の売買をしてしまうことが出てくるからです。

その結果として、せっかく得た利益以上に大きな損を出してしまうことがあります。

確かに、調子が良い時に攻めるのは勝負の常識かもしれません。

しかし、勝ち負けはあくまでも結果です。

全勝することなどありえない世界だからこそ、一時的な感情に流されてしまうと大きな損失につながっていってしまいます。

確かに投資には勝負の側面はありますが、誰かと成果を競うものではありませんよね。

他人との比較は、ルールを無視するきっかけになってしまいます。

だから1日でも長く相場に参加し続ける方法と、そのためのルールを守っていきましょう。




まとめ

今回は、投資を続けていくためには、しっかりと自分のルールを作らなければいけないよという話をしてきました。

あなたはどのように感じましたか?

まだ投資をしたことがない人は、少し難しい内容だったかもしれません。

投資をしていく上で、何のルールを決めず、ただ適当に投資をしていると利益が一時的に出たとしても、それを守っていく能力がないので資金を飛ばしてしまいます。

だから、投資で利益を出し続けていきたいなら毎日勉強してください。

きっと、どんどん投資成績が良くなっていくはずです。

今日も読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です